tutetuti.jp,+ステンレス鋼,ホーム&キッチン , キッチン用品 , 調理・製菓道具,2162円,/mossbunker860608.html,調理用温度計電子式温度計、デジタル食品用温度計肉用温度計、家庭用オーブンを焼くためのABS 2162円 調理用温度計電子式温度計、デジタル食品用温度計肉用温度計、家庭用オーブンを焼くためのABS +ステンレス鋼 ホーム&キッチン キッチン用品 調理・製菓道具 tutetuti.jp,+ステンレス鋼,ホーム&キッチン , キッチン用品 , 調理・製菓道具,2162円,/mossbunker860608.html,調理用温度計電子式温度計、デジタル食品用温度計肉用温度計、家庭用オーブンを焼くためのABS 調理用温度計電子式温度計 デジタル食品用温度計肉用温度計 +ステンレス鋼 一部予約 家庭用オーブンを焼くためのABS 調理用温度計電子式温度計 デジタル食品用温度計肉用温度計 +ステンレス鋼 一部予約 家庭用オーブンを焼くためのABS 2162円 調理用温度計電子式温度計、デジタル食品用温度計肉用温度計、家庭用オーブンを焼くためのABS +ステンレス鋼 ホーム&キッチン キッチン用品 調理・製菓道具

調理用温度計電子式温度計 デジタル食品用温度計肉用温度計 +ステンレス鋼 ◆在庫限り◆ 一部予約 家庭用オーブンを焼くためのABS

調理用温度計電子式温度計、デジタル食品用温度計肉用温度計、家庭用オーブンを焼くためのABS +ステンレス鋼

2162円

調理用温度計電子式温度計、デジタル食品用温度計肉用温度計、家庭用オーブンを焼くためのABS +ステンレス鋼

商品の説明

機能: 1。バーベキューは、8種類の肉(牛肉、子羊肉、子牛肉、ハンバーガー、豚肉、七面鳥、ひよこ、魚)の温度と、さまざまな程度の出来具合(レア、メッドレア、ミディアム、メッドウェル、よくできている)で事前にプログラムされています。 。 2。目標温度を設定すると、食品が設定温度に達すると点滅してビープ音が鳴ります。 3。ワイヤレス設計により、肉やオーブンの温度を常に監視しなくても、リモートで監視できます。 4。シンプルで便利、そして実用的な料理は、プローブを肉に挿入するだけで、おいしい料理を作るのに役立ちます。 5。バーベキュー、キッチンフードクッキング、バーベキュー、オーブン、喫煙者向けの肉。仕様:状態:100%新品アイテムタイプ:肉素材:ABS +ステンレス鋼色:図のように写真内サイズ:約12x6x2.5cm / 4.7x2.4x1.0in 重量:約170g / 6oz バッテリーパラメーター:2 x AAAバッテリー(含まれていません)ベースバッテリーパラメーター:2 x AAAバッテリー(含まれていません)測定温度範囲:0℃〜250℃(32℉〜482℉)。温度精度:±1℃(0 ℃〜100℃)。温度表示解像度:0.1℃(0.1℉)。タイマー範囲:99分59秒。単位:℃または℉ 。 99:59(分:秒)カウントダウンタイマー。ワイヤレス伝送:最大20m /65

調理用温度計電子式温度計、デジタル食品用温度計肉用温度計、家庭用オーブンを焼くためのABS +ステンレス鋼

イベント
EVENTS
ニュース
NEWS
お知らせ
メディアの中の高知大学

高知大学ピックアップ情報

PICK UP

魚の感染症と闘う!
じつは人間と同じように、魚もさまざまな感染症に悩まされています。なぜ水中で病気が起こり、予防や治療のためには何が必要なのか。農林海洋科学部の“魚の町医者”今城雅之准教授に聞きました。
記事内容
  • 地域に密着した「魚の町医者」的な研究
  • 高知が全国に誇るアユを冷水病・温水病から守る
  • 養殖場の大敵、細菌症と原虫症を探る
海底に潜む、未知なる鉱物資源を探る!
日本における海底鉱物資源研究のトップランナーのひとりが、海洋コア総合研究センターの臼井朗特任教授。国際レベルの研究成果や研究室の活動内容などを紹介します。
記事内容
  • 宇宙開発にも似た大きな夢のある研究分野
  • 国の研究機関の船に乗り、太平洋の調査海域へ
  • 研究室で学べば、最先端の研究現場を体験
日本の大学で学べるのは高知大学だけ⁉ローンボウルズの謎と魅力に迫る
スポーツ科学実技「ローンボウルズ」
ローンボウルズという競技、知っていますか?知る人ぞ知る、というよりも、知っている人がほとんどいない、超マイナーなスポーツ。高知大学ではこのローンボウルズの授業を、日本の大学で唯一、開講しています。どのような授業なのか、担当教員の川本真浩教授に話を聞きました。
記事内容
  • シェークスピア作品にも登場する人気スポーツ
  • 体力に自信がなくても上達できるのが魅力
  • 体育の授業なのに歴史や社会も学べる!
世界初!脳の謎に迫る
“光る物質”
を研究
世界で初めての研究が、高知大学で成功しました。実験動物で脳のより深い部分の観察ができる“光る物質”をつくり出したのです。理工学部の仁子研究室でどのようにこの物質が生まれたのか。その取り組みと成果を紹介します。
記事内容
  • これまでにない強い光で脳の深部を探れるように
  • 光る物質の合成は困難の連続だった
  • 実験と研究の成果 そして新しい蛍光物質
社会で役立つ重要スキル
ファシリテーション
を学ぶ
近年、社会人の必須技術として注目されているファシリテーション。どういったもので、大学生が学ぶ意義は何なのか、地域協働学部の俣野秀典先生にレクチャーしてもらいました。
記事内容
  • コミュニケーションを最大化する技術
  • 「養成道場」で修行し、「学生ファシリテーター」に!
  • 得難い経験ができる演習でのオブザーバー役
  • リモート授業でも話し合いは問題なく進行

高知大学創立75周年記念に向けて

A GLANCE INTO THE PAST